2006年09月05日

朝の山陰本線

R0013486a.jpg

RICOH Caplio GX8 + DW-4

山口県宇田郷のコンクリート橋にて

気を取り直して上りの列車を待ちました。
宇田郷駅を6時53分なので、ここを通過するのは7時前後。
次の構図は「アサヒカメラ」の作品にならって。
今度は絞りを開けてSSを稼げるようにセット。

やはり列車の音が聞こえてくるとドキドキします。

橋にさしかかり、GX8の連写機能で3枚撮りました。
今度は一両編成。しかも下りの列車よりさらにゆっくりとしたスピードで通り過ぎて行きました。
なんだか、のどかな感じと寂しい感じがごちゃまぜになり、ローカル線ならではの風情です。

posted by ワンダーマンボ at 22:20| Comment(14) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンダーマンボ さん、こんばんは♪

前回と同じところ。場所を移動してのショットですね♪
宇田郷のコンクリート橋、ちょっと場所が違うだけで、まったく変わった風景になったりもしますね。
構図は「アサヒカメラ」の作品にならって・・・ですか?!
そういえば、なんか、この角度からだと、どこかで見たような気もします?
ここって、かなり有名ッスね?! (^.^)/~~~
Posted by せきっち at 2006年09月05日 23:20
こんばんは♪

ここってそんなに有名なんですか?
確かにこのロケーションなら、体内に「鉄分」が流れてる人間ならぜひ撮りたいと思っちゃいますもんねぇ〜。

朝の雰囲気がGOODだと思います。
最近、私は夕方の写真のUPが多いので…。
Posted by とぉ at 2006年09月05日 23:29
山陰本線東部の名所が餘部鉄橋なら、西部の名所は宇田郷のコンクリート橋でしたね。かつてのD51撮影の定番でした。

昨夜は徹夜して納品。朝一で納品してから昼寝してしまったから、夜になっても眠くないわいな!
Posted by Vavi at 2006年09月06日 03:34
おぉぉぉぉ、これまたすごい写真ですね〜。構図も色もい
いですね〜。
もちろんワンダーマンボさんのテクニックやしっかりした準
備があってこそなんですけど、GX8はいいカメラなんだな〜っ
てあらためて感心しました。
Vaviさん、宇田郷橋梁は餘部鉄橋と並び称されるほど有名
なところだったんですね。知りませんでした。
Posted by yuke at 2006年09月06日 19:05
ワンダーマンボさん、こんばんは。

前に「さよならいそかぜ」の記念オレカの表紙がここの橋梁で撮られたものでした。
それも山の上から縦に見下ろす迫力ある構図となっており橋梁がカーブを描いているのがよくわかります。
この写真を見たときに自分もここで撮りたいと思って一度通りがけに下見したことがあります。

vaviさんの言われる餘部鉄橋も若い頃、撮影に行く計画も立てましたが遠いのであきらめました。一度だけ鉄橋の下を車で走ったことがありますが下から見ても迫力がありました。
この餘部鉄橋も新線への付け替えによって列車が走る姿も見れなくなろうとしています。
Posted by ナツボウ at 2006年09月06日 20:24
せきっちさんこんばんは。
今月号の「アサヒカメラ」の180ページに載っています。
まだ本屋に並んでいると思います。
(D80の記事も載っていましたよ)

「宇田郷 コンクリート橋」で検索したら、結構たくさんヒットします。鉄道ファンの方のサイトで紹介されているようですね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月06日 23:16
とぉさん、こんばんは。
そうですね。私も知らなかったんですが、鉄道ファンの方の間では、昔からかなり有名な撮影スポットのようですね。

私の家から比較的近いので、今度は夕景を撮ってみたいです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月06日 23:20
Vaviさん、徹夜でお仕事ご苦労様でした。
最近徹夜はしたことがないですが、歳をとると残業がきついです。

コンクリート橋、蒸気機関車が走っている頃に撮りたかったですね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月06日 23:27
yukeさん、こんばんは。
ありがとうございます。
私もこの写真は結構気に入ってます。
この色合い、GX8ならではですよね〜。

でも、私はテクニックなんて全然ありませんし、準備にしても列車の時刻を調べたくらいなので、やはりGX8のおかげですね。良いカメラです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月06日 23:30
ナツボウさん、こんばんは。
餘部鉄橋には二度ほど行ったことがあります。
列車はもうすぐ別の新しいルートを走るようになるんですか。それまでにもう一度写真を撮りに行ってみたいものですね。

萩に行く途中にもルート変更で使われていない線路やトンネルがあるようですね。入り口をふさがれたトンネルなど、国道沿いから見ることができますが、どこから新しい線路になるんだろうっていつも通るたびに思っています。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月07日 00:06
萩の手前の所は私が小学生の頃、大雨土砂災害で奈古駅以西が長期寸断されました。一度は復旧したものの二度目の同一箇所崩落の時に人工トンネルを造りましたかが、この区間は落石が多く結局は新線へと付け変わってしまいました。
この人工トンネルは今でも確認出来ますが当時は珍しいものでしたね。
数年前、「いそかぜ」に乗った時確認しましたが付け替わった新線はすべてトンネルとなっていました。景観のいい区間だっただけにとても残念です。
Posted by ナツボウ at 2006年09月07日 01:28
ワンダーマンボさん ナツボウさん
餘部鉄橋は来年春から工事が始まり、新しい鉄橋(橋梁)の
完成まで3年だか4年だかかかるようです。
とはいえ、新しい鉄橋はどこにかかるのかよくわかりませんが、
工事が始まるころになると、資材や車両、仮設などが運ばれ
てきて、これまでのような景観での撮影はむずかしくなるか
もしれませんね(工事中の画像もそれはそれで貴重でしょう
が)。
それを考えると、早めに撮影しておいたほうがよさそうです
ね〜。
なんてなことを考えていたら、わたしも行きたくなってしま
いました。
Posted by yuke at 2006年09月07日 15:10
ナツボウさん、こんばんは。
萩の手前の新線、グーグルマップで確認しました。
「いそかぜ」は何年か前まで走っていたんですね。
私も学生時代に熊本への行き帰りのとき乗ったことがあります。

夜遅くに訪問いただきましたが、お体のほうは大丈夫ですか?
無理をせず安静にされてくださいね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月07日 21:51
yukeさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
餘部鉄橋は10年前と5年前くらいにバイクツーリングの途中で行ったことがあります。
行ったことがあるというよりも通過したことがあると言ったほうが正しいですね。
鉄橋の下が駐車場になっていて、ちょっと観光地となっているようでした。
下から見上げているとちょうど列車がさしかかったのですが、とてもゆっくりとしたスピードで通り過ぎていきました。事故後の安全措置なんでしょうね。
近くに城崎温泉もあり良いところですが、なかなか行く機会はないです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月07日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23313069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。