2006年09月26日

リサイズしても大満足

D80DSC_0021a.jpg

NIKON D80 + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiU

私に限ってですが、D50で撮った画像をニコンキャプチャーでリサイズすると、特に遠景などの場合物の輪郭がグジャっとなって汚いなぁって思っていましたが、D80の画像をキャプチャーNXでリサイズすると元画像と同じくらい滑らかに見せてくれて大満足です。
posted by ワンダーマンボ at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NXでリサイズすると、綺麗になるんですね。
それは、良かったです! (^^)/~~~
たぶん?リサンプル(バイキュービック法)とか関係するんでしょうけど、
NC4では、それがナカったのかな?!

TAMRON AF18-200mm で十分いけるようですね!
1000万画素オーバーって、どうですか?!
言われるほど、手振れって、あまり気ににならないッスか?!
Posted by せきっち at 2006年09月26日 23:38
せきっちさんへ。
手振れ補正機能は、やはりあったほうが良いと思います。
↑の写真のような天気の良い日ばかりではありませんからね。
タムロンでも開放より1段から2段は絞ったほうが描写が良いといいますし、条件が悪いときに手振れ補正機能のありがたみを感じることになるのではないでしょうか。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月27日 00:03
せきっちさんへ。
↑の写真は比較的きれいに撮れているほうなんですが、萩で110枚くらい撮ってブログに載せられるのは1割程度です(うちの奥さんは同じ時間で350枚!くらい撮ってます)。
腕も悪いのですが、ピントがきてなかったり、ぶれていたり、露出がまずかったりで成功率が低いですね。
手振れ補正機能があれば、もう少しは救われるのではと思います。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月27日 00:56
おはようございます。

リサイズの画層劣化については、今までそんなに気にした事がありませんでした…。
手ぶれ補正なのですが…。
私の個人的な考えを。
実は、今まで私は手ぶれ補正機能を欲しいと思った事がほとんど無いんです。それよりは、50mmF1.8Dを購入して「明るいレンズ」の方の利点を感じるようになりました。VRのメリットは通常よりも遅いS/Sでも手ぶれを気にせず撮れるという事なんでしょうが、そういう場面では三脚or一脚を面倒でも使えばいいかなぁ?って思ってしまい…。私が撮る被写体は、手ぶれよりは「被写体ぶれ」のほうが気になる場合があり、投資をするなら手ぶれ補正よりは、「明るさ」のほうへ…と考えてしまいます。
でも、理想は「明るさ」&「VR」を兼ね備えた「AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)]なんでしょうけどね(笑)
とても手が届きませぇ〜ん。
Posted by とぉ at 2006年09月27日 09:54
とぉさん、こんばんは。
被写体ぶれの件ですが、とぉさんのおっしゃるとおりですね。SSを稼ぐためには明るいレンズかISOをあげるしか無いですよね。

私もとぉさんやせきっちさんが使われている50oF1.8Dも以前から良いなぁって思っていまして、この前の日曜日に50oF1.4Dを購入しました。
比較的お手ごろな価格のわりに描写は良いそうですね。
価格.comでも「持っていて損は無いレンズ」という書き込みもありました。

とぉさんの撮られるスポーツ写真にはAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)など適しているのでしょうね。値段を見てびっくりしました。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年09月27日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24479061

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。