2006年10月03日

萩城主毛利輝元

D80DSC_0097a.jpg

NIKON D80 + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiU

萩城入り口にある毛利輝元の像。
毛利元就の孫とのことです。

この写真タムロン18-200で撮ったのですが、等倍で見てもピントがカリっと合っていてきれいに写っています。
このレンズ、明るい屋外では写りも良いようです。
posted by ワンダーマンボ at 22:08| Comment(19) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンダーマンボさん、こんばんは♪

今日は、災難でしたね!
私のトコにも、例の英語きましたよ。
私の場合は、すぐに気付いて速攻で消しましたが・・・。
たぶん!seesaaaブログを狙った書き込みだったんでしょうね!
私のとこは、フォトログ・おでかけブログ、時間差でm両方きましたから?!

18-55に関しては、あまり評価良くなかったんですか?!
タムロンA16はどうですか?
とあるブログでは、D80との相性だとジャスピンだとか?!
でも、D50、すなわち私の個体とは、イマイチなんですよね。
もったいないけど、オークションに出します。D80で試してみたかったけど・・・んぅ〜残念!!!

あっああっ! 最後になりましたが、ブログの写真よくなってきたと思います。
前は、ちょっと暗めだったことも感じてたんですが、最近は明るくて良いとおもいます。(^^)/~~~
Posted by せきっち at 2006年10月03日 22:32
毛利輝元は、有名な元就の孫。元就の長男、隆元が尼子攻めの折りに若くして戦死したため、元就が後見になって毛利本家を継ぎました。元就死後は、優秀な叔父、吉川元春、小早川隆景の二人に支えられましたが、やはりお坊ちゃん育ちでした。豊臣秀吉の死後、石田三成に担がれて関ヶ原の合戦では西軍の総大将になりました。が、大坂城に陣取り、関が原に出陣したわけでもなく、戦後徳川家康に山陽山陰にまたがる120万石の領地を没収されました。分家の吉川広元の取成しで、なんとか長門、周防の2カ国36万石に減封され一命を取り止めました。120万石から36万石ですから、家臣団は大リストラです。
この時の恨みが260年後の、幕末期の長州藩のエネルギーになっていくのです。

って、地元なら知ってますよね?
エラそうにすんません。
Posted by Vavi at 2006年10月03日 23:09
せきっちさん、こんばんは。
早速のコメントありがとうございます。
そうなんですよ。うちの奥さんが携帯メールで知らせてくれたんですが、大変迷惑ですよね。
まぁ、ウイルスのような害は無いのでしょうが。

D80とレンズの相性の件ですが、タムロンA16はニコンAF-S DX ED 18-70oと並んで良い評価でしたよ。
標準ズームでD80と一番相性が良いとされていたのはニコンAF-S DX ED 17-55o F2.8Gでした。
田中希美男氏による評価です。

A16は私も気になっているレンズのひとつです。A14を使ってみて、あらためて標準ズームの使いやすさに気がつきました。

せきっちさんがA16をオークションにだされるのはK10D購入のためだと思うのですが、A16の描写や使い心地はいまいちだったのですか?
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月03日 23:24
Vaviさん、こんばんは。
おぉー、すごい!Vaviさん、よくそこまでご存知ですね。
私は地元ですが、歴史も勉強を怠けていたので知りませんでした。
Vaviさんは歴史もお好きなんですね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月03日 23:37
ワンダーマンボさん、こんばんは♪

私のA16は、以前話題になった前ピンは、さほど気にならない程度だったんですが、
どうも所有レンズで、いちばん的外してます。言わるピンがこないんです。
ジャスピン確立は、50枚中、半分以上30枚ぐらいでしょうか?!
それでも、ピンがきた解像度は一番だと思いますけど・・・、
それだったら、D50の場合、軽くて、そこそこ良いレンズキットが良くなります。

辛口の人のブログで、D200に合わずD80にマッチしたA16ですから、
きっと、D80ではジャスピン、良い描写確立だと思います。
じつは今回、そのへんも迷った原因なんですよねェ〜(笑)

ペンタにいくからには、またA09購入したいです。
ニコンマウントでは、売ってしまって後悔したレンズです。(^^)/~~~
Posted by せきっち at 2006年10月04日 00:06
萩城には2回ほど行ったことがありますが、恥ずかしながらこの輝元像には気がつきませんでした。
次に行く機会があれば、ぜひ拝見したいです。

それにしてもVaviさん、鉄道だけじゃなく歴史もお詳しいんですね。
長州の毛利家と言えば、藩主が正月に必ず家臣に徳川を討つかどうか諮問して、家臣が未だ時期ではない、みたいなやり取りをやってたみたいな話を聞いたことありますが、違ったかな?
Posted by 門トス at 2006年10月04日 00:50
私が聞いたのは少し違います。
元旦に筆頭家老が藩主の前に出て
「殿、もはや徳川を討つ準備は出来ております」と言うと、藩主の方が
「いや、まだ早い」と答えるのが慣例になっていたというもので、門トスさんのとは逆になっています。
また毛利家の家臣は、寝る時に江戸の方向に足を向けて寝ていたそうです。
いずれにせよ、凄まじい執念です。
毛利家は家臣団のリストラを行ったものの
「禄は要らないから」と広島から萩に移って来た家臣もおり、36万石では立ち行かなくなり、仕方なく干拓、製塩業、ロウソク製造などを推し進めた結果、実質100万石の経済力を持っていたと言われています。
幕末、長州藩が京都で、あれだけ派手に金を使えたのは、そのためです。
Posted by Vavi at 2006年10月04日 14:54
せきっちさん、こんばんは。
A16の件残念ですね。レンズに不具合がある場合はメーカーで調整してくれることもあるらしいですが、症状の程度にもよるのでしょうね。
実は私のタムロンA14もピントが甘いようなときもあるのですが、自分が下手だからなのかレンズの不具合なのか良くわかりません。いつも↑のように撮れれば大満足なのですが。

K10Dの発売まで待ち遠しいですね。私もせきっちさんがK10Dで撮られる写真を心待ちにしています。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月04日 21:24
門トスさん、こんばんは。
この像は、城のお堀の外側にあります。
土産物屋の駐車場から入っていけばすぐわかりますよ。
門トスさんも歴史もお好きなのですね。
地元の私が全然知らないので、お恥ずかしいです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月04日 21:27
Vaviさん、こんばんは。
いやぁ〜、さすがVaviさん。
不勉強で、まったくそんな歴史を知らなかったので、ちょっと感動してしまいました。
萩城跡や松蔭神社など、今まではなんとなく見に行っていましたが、歴史を知った上で行けばとても興味深く見ることができるのでしょうね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月04日 21:38
自分はうろ覚えなので、Vaviさんの方が正解だと思います。
長州は軽工業などの発達で実質100万石、薩摩も密貿易などで実質100万石、維新は英雄の力だけでなく、経済的にも裏付けがあったからこそ成功したんだなと感じますね。

ワンダーマンボさん、場所を教えていただいてありがとうございます。次に萩に行くときは必ず見たいです。
それにしても、特急「いそかぜ」さえあれば簡単に行けるんですか・・・
Posted by 門トス at 2006年10月04日 23:52
門トスさん、こんばんは。
いえいえどういたしまして。
萩は結構観光客が来るのに、特急が通っていないのでアクセスが悪いですよね。
新山口駅からバスで来るか、萩石見空港からバスで来るルートが多いのでしょうか。

特急「いそかぜ」は熊本に住んでいた頃に2回ほど乗った覚えがあります。
途中で美祢経由と別れて再び連結するんでしたっけ?あれは普通列車だったかな?
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月05日 00:12
「いそかぜ」については、Vaviさんが詳しく書いてくれるかと・・・
廃止直前は小倉〜益田間をわずか3両で運転してました。萩へ行くには便利な特急だったんですが。廃止は残念です。

熊本にお住まいだったんですか?市内ですか?ワンダーマンボさんにも、多少「クマモシャン」の血が流れてるのかな?
Posted by 門トス at 2006年10月05日 00:34
途中で分かれて、また結ばれるのは
急行「あきよし」です。
特急「いそかぜ」は、山陰の名門特急「まつかぜ」の末裔です。最大13両編成を誇った特急が、最後は3両編成とはねぇ。
今の「スーパーまつかぜ」は2両でしたっけ?

ワンダーマンボさん、熊本にいたんですか?益田が故郷じゃないのですか?
Posted by Vavi at 2006年10月05日 00:45
門トスさん、こんばんは。
市内の上熊本に18から22歳まで住んでいました。熊本も良いところでした。今でもまた住んでみたいと思います。
就職してからもたびたび行っていたのですが、最近はご無沙汰です。

つい先日、熊本時代の友人が佐世保からわざわざ会いに来てくれて、久しぶりに一緒に酒を飲んで昔話をたくさんしました。
その友人も高校生くらいまでは鉄道マニアで、小学生くらいから一人で小郡あたりまで鉄道写真を撮りに来ていたそうです。
そのころ集めたNゲージも今でもあるそうです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月05日 00:47
スーパーまつかぜは2両ですね。しかもノッペラボーみたいな187系で・・・
国鉄特急色の3両編成が豪華に見えます。
Posted by 門トス at 2006年10月05日 00:49
上熊本ですか〜。だいたい市内はわかりますけど、余り行ったことのない地区です。
今年は熊本城築城400年で、いろんなイベントがあってるみたいですよ。たまには清正公にも会いに来てください。
九州新幹線の工事で、熊本駅はだいぶ変わってます。レンガづくりの車庫なんかも壊されてしまいました。
Posted by 門トス at 2006年10月05日 00:55
Vaviさん、こんばんは。
私は益田が地元です。
熊本は大学時代です。

学生時代、暇にまかせて熊本から益田まで普通列車を乗り継いで帰ったことがあるのですが、そのとき山陰本線で美祢線と山陰本線とに分かれるアナウンスがあり、どっちの車両に乗っておこうかと少し迷った覚えがあります。たしか真夜中でした。

急行だったかなぁ?

スーパーまつかぜとスーパーおきと見分けがつかないのですが、どちらも2両編成だったと思います。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月05日 00:57
門トスさん、続いてありがとうございます。
なんだか久しぶりのチャット状態です。

熊本、なつかしいですね。街を行く人はみんなおしゃれで、島根の田舎から行った私にはとてもハイカラな街に写りました。
毎年9月だったか、ぼした祭りっていうのがありましたが、「ぼした」っていう言葉がまずいらしくて、名前が変わったらしいですね。

上通り入り口付近も、熊本日日新聞本社が解体されて再開発されたとか。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月05日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24842681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。