2006年10月06日

お地蔵様

D80DSC_0169a.jpg

NIKON D80 + Nikkor 50o f/1.4D

新しい頭巾と新しい前掛けを付けてもらって、優しい表情のお地蔵様です。

きれいな赤に撮れました。
posted by ワンダーマンボ at 01:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごくいい赤ですねー。
目の覚めるような色です(@_@)
たぶん私のK100Dでは逆立ちしてもこの色はでないでしょうね。

またこの50mmのレンズがすごく良さそう。
私は先日30年前の50mmF1.4を1,800円で買ってきました(笑)
やっぱり経年劣化で色が濁ってましたね。
はやくおかね貯めてこういうちゃんとしたレンズがほしいものです。
Posted by さんぼー at 2006年10月06日 14:59
さんぼーさん、こんばんは。
ありがとうございます。
でも、いろんなところで言われているようにかなり彩度が高いと思います。
この写真のようにあまり色が無い時には気になりませんが、場合によっては強すぎる色合いになってしまうこともあるようです。

ペンタックスもパンケーキレンズっていうのがありますよね。あれはカメラにつけたときの形も良いし、写りも良いのではないかと思います。
ニコンも昔は薄いレンズがあったらしいです。

Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月06日 19:59
D80はそういう良し悪しな面もあるんですね。
でもワンダーさんのブログの写真は
D80になってからワンランク上がったような気がします。
お世辞じゃないですよ^^

ペンタックスのパンケーキシリーズも今度また3つ目が出るみたいです。
確か70mmF2.4です。
うーん魅力的ですが、どの程度の描写なのか・・・。
今までの21mmF3.2と40mmF2.8は私は持ってませんが、
そこそこの評判です。
でも値段ほどではないという意見もあるようです。
結構高い。
Posted by さんぼー at 2006年10月06日 21:09
さんぼーさん、こんばんは。
D80になってから良くなったですか?
ありがとうございます。
カメラ自体の発色の違いもあるのでしょうか。
それと、ピントがバッチリ合っているとリサイズしてもきれいなことに気がつきました(ちょっと前の毛利輝元像など)。いままでは、ピントが少々甘くてもリサイズしたらわからないからと思って載せていたのですが、これからはそのあたりもシビアに見ていきたいと思います。

パンケーキレンズについてはいろんな評価があるのですね。
街角スナップには21oF3.2など良さそうですが、描写のよしあしは気になるところですね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月06日 22:16
こんばんは。

D80、なかなかのパフォーマンスを見ててくれているようですね。
D50は派手目の発色でコンデジユーザーに「地味だとは思わせない」設定だったようですが(特にJPEGにおいて)、D80は派手すぎず地味すぎずという感じなのでしょうか?

最近RAWばっかで撮ってますが、機動性考えた時に色合いにクセが少ないのは魅力ですね。JPEGでも設定次第では結構満足いきそうです。
Posted by とぉ at 2006年10月06日 22:39
とぉさん、こんばんは。
D80、とっても気に入っていますよ。

私、前から思っていたんですが、私が撮ったD50の画よりもとぉさんの撮られたもののほうが断然色がきれいだなぁ〜って。
いや、ほんとに。
だから、とぉさんの写真を拝見しているとカメラの性能差は問題ではなくて、使う側のカメラアイとか使いこなす腕のほうが重要だと改めて思い知らされます。

私が撮るD50の写真に限ってD80と比べると、D80のほうが彩度が高いです。
特に仕上がり設定が「標準」の場合。
「ソフトに」を選ぶと(9月25日と26日の写真がそうです)標準より少し色目がやわらかく、さわやかな色合いになるようです。
あ、設定は今のところjpeg・ラージ・ファインが多くて、たまにRAW撮りです。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月06日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24959857

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。