2006年10月12日

瓦の印象

D80DSC_0298a.jpg

NIKON D80 + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiU

萩市 東光寺にて

お寺というと瓦のイメージです。
私の住んでいる石見地方も瓦が有名ですが、お寺の瓦はちょっと違うようです。
posted by ワンダーマンボ at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

最近、一部を切り取った写真が目立ちますね。全体が写ってない分、見る側の想像力が膨らみますね。
説明的な写真になりがちな自分をちょっと反省です。

Posted by とぉ at 2006年10月12日 22:29
新幹線を利用するといつも思うんですが、関門トンネルをぬけて山口県に入ると、赤い瓦を使った家が目立ちます。もしかしてその瓦のことですか?
Posted by 門トス at 2006年10月12日 22:56
松の間から見える瓦の縦の模様がとてもリズミカルですね。
おもしろいです。
Posted by yuke at 2006年10月13日 21:40
とぉさん、こんばんは。
そうなんですよ。苦しいときの一部分クローズアップというところでしょうか。
全体を入れるとどうも画が散漫になるというか、うまくまとめられなかったのでシンプルになる部分に松の木をあわせて撮ってみました。
こんな構図が続くとちょっと飽きてきますね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月13日 21:55
門トスさん、こんばんは。
そうですね。実際には茶色ですが、こちらでも赤瓦といいます。この赤瓦が昔からの代表的な色ですが、他にも黒色、銀黒色、来待色、津和野色等いろんな色があります。
島根県江津市あたりで昔から瓦を作っていたのですが、現在では「石州セラミカ」や「アメックス協販」というブランドが有名です。九州でも取り次ぎ店があると思います。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月13日 22:06
yukeさん、こんばんは。
ありがとうございます。
なるべくシンプルになるように切り取りました。

お寺もむずかしいですね。
むずかしい被写体だと、どうも一部分クローズアップで逃げてしまいます。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年10月13日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25339037

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。