2006年11月02日

高原の風景

D80DSC_0833a.jpg

NIKON D80 + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiU

広島県八幡高原にて

ここ八幡高原は一面のススキが見ごろになっています。
広々としたとても気持ちのよいところです。
posted by ワンダーマンボ at 21:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

こういう秋の高原の風景は本当に気持ち良いですよねぇ。
爽やかな風を感じます。
Posted by とぉ at 2006年11月02日 23:48
とぉさん、おはようございます。
気持ちの良いところですが私が未熟者のために、なかなか写真に切り取ることができません。
身近な自然を撮ることがこれからの課題だと思っています。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年11月03日 08:42
こちらは、まだまだ紅葉にはほど遠いです。
家では、ゴーヤがしぶとく実をつけているくらいですから・・・・

少し山に入ればいいのでしょうが、仕事が溜まってます。
Posted by Vavi at 2006年11月03日 10:45
Vaviさん、こんばんは。
私も新しい仕事が出まして、今秋の京都行きもだめになりそうです。
11月下旬に三江線下口羽駅周辺で事前調査を9棟ほどすることになりそうです。去年の春も同じところで事前調査をしたんですが、家から2時間以上かかるので2週間ほど現地泊でした。今回も1週間ほどの出張になりそうです。通えない距離ではないと思うのですが。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年11月03日 21:36
こんばんは
中国山地はあまり標高が高くなくて、やさしい感じというか、
ゆるい感じがなんともいえません。
空の青さ、原っぱの茶色、山のいろいろ、その対比がなん
ともいえずきれいです。
お仕事がお忙しくなったのですね。京都は秋よりほかの季
節のほうがいいかもしれませんよ。
Posted by yuke at 2006年11月03日 21:48
yukeさん、こんばんは。
西日本では大山を除いて女性的な形の山が多いようですね。
秋は太陽高度が低くなってきているので午後の早い時間でも夕方のような色合いになるようです。

仕事が忙しくなりつつあります。
京都には季節を選ばず、行けるときに行っておけばよかったと少し後悔しています。
例年年度末にかけて忙しい日々が続くので、京都行きは4月くらいでしょうか。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年11月03日 22:42
片道2時間の現場は微妙ですね。
私も以前は泊まりで行きましたけど、通うことも可能ですね。夏なら通うでしょう。
今の時期なら泊まり・・・かなぁ?
私は泊まりで行くと、さっさと風呂に入って夕食はビール、酒で・・・・。宿では仕事なんかしたことないですけど。
Posted by Vavi at 2006年11月04日 00:45
Vaviさん、こんばんは。
そうなんですよね。1日か2日くらいなら片道2時間は通える距離なんですが、1週間も続くとなるとちょっとつらいです。
現場は5時までには終わりますが、私も宿に帰って内業はしませんね。
Posted by ワンダーマンボ at 2006年11月04日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。