2007年05月27日

海岸線を行く

R0014233a.jpg

RICOH Caplio GX8

鉄道を撮るつもりではなかったのだけど、たまたま良いスポットを発見。
列車が来ないかなぁと思っていたら、これまた偶然に特急がさしかかり急いでシャッターを押しました。
もうちょっと待てばよかった。
ラベル:写真
posted by ワンダーマンボ at 09:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
かっこいいアングルですね。
電線が写っているのが惜しいです。
電線が無いところを探す方が難しいかもしれませんね。
この187系は振り子式ですから、大きなカーブで車体を傾けてる姿はもっとかっこいいですよ。
今度狙ってみてくださいね。

例の岡見貨物ですが明後日、元気だったら朝4時起きで徳佐辺りまで行ってみようと思います。
撮影ポイントの下見が出来てないのでちょっと不安がありますが・・・。
こちらに時刻が出ています
http://www.geocities.jp/tnk_ko/data/time_Asa20070318.html
Posted by ナツボウ at 2007年05月27日 23:07
コンパクトで列車撮影は難しいでしょう。
特に走行シーンはね。

最近、毎週日曜日は早朝から貨物列車の撮影に行ってます。
スピードの遅い貨物列車なら、ともかく特急列車は難しいです。
Posted by Vavi at 2007年05月28日 13:18
誤って送信してまったわい!

Zardの坂井泉水さんが亡くなったんやね・・・・私ゃ、ショックで寝込みそうだわ!午後から仕事しないで、CD聞いてます。
Posted by Vavi at 2007年05月28日 13:19
ナツボウさん、こんばんは。

あ、電線が写ってましたね。
気がつきませんでした^^;

こういった見下ろす感じで撮るのもかっこいいですね。
三隅の道の駅からも俯瞰で狙えますよね。
今度狙ってみます。

明日の朝出撃ですか?
がんばってください。
私も昨日の朝4時30分家を出て、八幡高原のかきつばたを撮りに行ったのですが、上手く撮ることができませんでした。

岡見貨物はこちらの方もたくさん紹介されておられます。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hd_hashi/index2/index2.html
Posted by ワンダーマンボ at 2007年05月28日 22:05
Vaviさん、こんばんは。

GX8では明るい場所で液晶が見にくいですし、シャッターを押す感じも一眼レフに比べていまいちで、
上手くタイミングが取れませんでした。
次回は一眼レフで挑戦してみます。

最近精力的に撮りに出かけられるVaviさんに刺激を受け、
私も昨日高原のかきつばたを早朝撮影に行ったのですが、上手く撮れませんでした。
八幡高原のかきつばたは結構有名みたいです。カメラ雑誌にも時々紹介されています。
私が5時ごろに着いて一番乗りでしたが、その後すごい機材を持ち込んで本格的に撮影される方が何人か来られました。

坂井和泉さんが亡くなられたことは残念でした。
大ファンだったのですね。
元気出してください。
Posted by ワンダーマンボ at 2007年05月28日 22:20
こんばんは。

なかなか良い場所ですね。
海と列車が絡む場所って、なかなか私の所だとありそうで無かったり…。

最近、遠出してないなぁ・・・。
Posted by とぉ at 2007年05月28日 22:40
とぉさん、こんばんは。

私のところでは海沿いを走るところが多いです。
この場所も鉄ちゃんだったら定番のスポットなのかもしれません。

私も全然遠出してません。
どこか日常とは違う場所に撮りに行ってみたいです。
Posted by ワンダーマンボ at 2007年05月28日 23:35
こんばんは。
いい感じの場所ですね!私の場合、近くに海がないのでとてもうらやましく思います。

この特急は何でしょう??
スーパーなんとか、とは思いますが。
Posted by 門トス at 2007年05月29日 23:18
門トスさん、こんばんは。

この場所は歩いて散策しているときに見つけました。
撮り鉄さんだったら定番スポットなのかもしれませんね。
山陰本線は海ぞいを通るところが多いのでもっと探してみます。

この特急はですね、撮影した時刻から推測するとスーパーおき2号と思います。
Posted by ワンダーマンボ at 2007年05月30日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。