2007年09月23日

和の空間

DSC_3849a.jpg

NIKON D80 + Nikkor 35o f/2D

石見銀山にて

歳をとってきたからか、和風のほうが落ち着くというか、好きになってきました。
テレビもまた、民放よりNHKのほうが面白いと思うように。
タグ:スナップ
posted by ワンダーマンボ at 07:03| Comment(4) | TrackBack(0) | スナップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「和」の空間、いいですね。
ゆっくりと旅に出たいのですが、なかなか無理なようです。

ニコンD300、ええねぇ〜
買うか?
どこに、そんなお金があるん?
やっぱり?
当たり前やろ、アホか!
と答えは出ています。

しっかり稼いで、アルバイトもせっせとやって・・・・生活費に当てる!
そうですか、やっぱりね!

もう少し、まともな仕事をくれ〜
最近、本当に小物ばかりです。
お墓、お地蔵さん、現場事務所、木造ガレージ・・・・・たまに工損の事前調査。
樺央クリエイトって知ってますか?
もう目茶苦茶な・・・・うちが40万円で見積りした仕事を10万円ですってさ!
木造家屋5軒で!5棟じゃないですよ、5軒です!1軒当り、2万円!
絶対にいい加減な調査してまっせ!
Posted by Vavi at 2007年09月24日 00:02
Vaviさん、こんばんは。

D300、いいですよねぇ。
でも買えません。
カメラ本体はD80でいいので、新しいレンズが欲しいです。

私のほうは手持ちの仕事はほとんどなくなりました。
今年はほんとに仕事がないです。

>樺央クリエイトって知ってますか?
今、グーグルで検索してみました。
2001年設立ということですが、北海道から九州までカバーしているのですね。
といっても常駐は少人数なんでしょうかね。
Vaviさんとこの会社が40万で見積もりした仕事を中央クリエイトが10万でとったということなんでしょうか?
どうすればそんな金額でできるんですかね。
あまりいい加減な内容では検査が通らないのでは?
不思議です。



Posted by ワンダーマンボ at 2007年09月24日 18:45
土建屋さん経由で、来る工損の事前調査があるのです。
土建屋さんは、事前調査費を県や市からもらっておきながら安く上げようと考えるわけです。
うちも40万円というのは、結構安く設定したつもりですが・・・・10万円とはねぇ!
社長に
「そんなアホな会社と張り合わんでよろしい!」と言っておきました。
「もし10万以下で取って来ても、俺はやらんからな!」とも言っておきました。
何でも、一軒あたり30分で終わるそうです。調査項目のほとんどが「現況」としか書かないそうです。
おまけに、調査に来るのは日本人じゃないというウワサもあります。
Posted by Vavi vavi at 2007年09月24日 23:29
Vaviさん、こんばんは。

>おまけに、調査に来るのは日本人じゃないというウワサもあります。
東洋CTは中華人民共和国に別会社を作って、中国人の社員で工損の内業をさせているそうですが、調査員が外人さんですか。
そこまでコスト削減するとは・・・。

一軒あたり30分で終わったのでは、まったく事前調査したことにはなりませんね。
事後が出たときにはどうするつもりなのでしょう。
Posted by ワンダーマンボ at 2007年09月24日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56734137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。